茶道裏千家淡交会青年部 東海ブロック

われわれ茶道を愛好する青年としての自覚により淡交会の諸活動に協力し、お茶を通じて良識ある近代人としての人間形成に努め、同志的結合によって結ばれた 友情と情熱で正しい地域社会発展のために努めよう。
<< 令和元年 愛知第一青年部 茶筅供養 @妙興報恩禅寺 | main | 令和元年10月27日 愛知第一青年部 シルバー訪問茶会@第二港寿楽苑 >>
関東第三ブロック 第40回ブロック研修会、第10回ブロック会員大会「親子 de 茶・リンピック」
0

    10月26日(土)第40回ブロック研修会 於:横浜市 関内新井ホール

     開会式

     総本部報告(組織部 中田雄太様)

     全国委員会助言(白石英司 全国代表者会議副議長)

     ブロック研修会40回のあゆみ

     パネルディスカッション テーマ「青年部の魅力とは〜参加することの意義」

     第10回関東第三地区青年部育成委員会・分科会

     分科会テーマ「青年部の魅力とは〜新たな価値の発見」

     閉会式

     

    10月27日(日)第10回ブロック会員大会「親子 de 茶・リンピック」於:川崎市 川崎マリエン

     午前:ウォークラリー(呈茶・昼食)

     午後:チーム応援合戦、競技(茶杓deピンポンリレー、白布de茶巾たたみ、にじりdeリレー)

     

    1日目 ブロック研修会

    パネルディスカッションでは、コーディネーター、パネリストいずれも青年部会員が壇上に上がりました。

    あらかじめブロック内の会員にテーマに沿った質問を投げかけ、得られた回答を紹介しつつ、パネリストとのやりとりがありました。

    「青年部行事に参加する意義とは?」「青年部と自分の予定の優先順位は?」「青年部をやめたいと思ったことはあるか?」

    といった踏み込んだ質問に対し、リアルな声が多数ありました。それぞれに葛藤しながら、メリハリをつけて青年部活動に参加する様子に共感するとともに、長く卒業まで続けてもらえるようにするにはどうしたらいいか、今後も仲間と話し合っていきたいと思いました。

     

    呈茶ではハロウィンの趣向でテーブルが用意され、お菓子も色とりどりのかわいいものが並べられていました。

    お互いのお菓子味をたずね合ったり、薄茶を点てあいながら、親先生方とご一緒しました。

    育成委員会の分科会では、先のパネルディスカッションに続き、青年部の会員をどう増やしていくかについて、各テーブルに分かれて意見交換をしました。青年部の役員だけでなく、一般会員と親先生方がひとつのグループで一緒に意見交換することで、より親子の距離が近くなったと思いました。

     

    二日目 ブロック会員大会「親子 de 茶・リンピック」

    川崎の工業地帯を進み、羽田空港を離発着する飛行機をすぐそばで眺める距離にある会場で、支部・青年部対抗の運動会。

    午前中は、茶道の知識や川崎の歴史などを織り交ぜたウォークラリー。途中で猿蟹合戦の趣向での呈茶、野菜やお肉、魚介類のたっぷり入ったホイル焼きやおにぎりの昼食もありました。

     

     

     

     

    午後はチーム対抗の応援合戦と茶道にまつわる楽しい競技。私は相模支部・青年部の一員として参加しました。

    ウォークラリーの出題問題、呈茶の趣向、昼食の準備、皆さんが安全に楽しめる競技の内容など、細部まで入念に準備されたことがとてもよくわかる内容に、とても感激いたしました。

     

    二日間を通して、親先生方と青年部会員との中身の濃い交流が印象に残りました。

     

    三重南青年部 平野真子

    | manager | ブロック間交流 | 19:40 | comments(0) | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE